老後サバイブ〜お迎えが来るまで

シンプルな生き方でコロッとあの世へ逝くのが目標

コインランドリーで出会った男性。

大きなものを洗うためにコインランドリーへ。

洗濯が終わり、乾燥機に入れ直して、待っていると・・

 

 

f:id:hanahanakororin:20210620165244j:plain

入り口に杖をついて年配の男性が息を切らしながら入ってくるので、

体調が悪いのかしら、と思って。

「洗濯に来たのでは無くて、倒れそうだから休ませてもらおうかと思って」と言われて、それは大変と感じ、椅子に座ってもらいました。

 

息が切れていて、

そして

「暑い、暑い」を連発しているので、すぐそばにある自動販売機に行き、お水を買って

「これを飲んだらいいですよ」と渡すとすぐ飲み始めました。

 

「お水、我慢していませんか?休み休み歩いて、水を飲まないと」と促すと

「ついつい頑張って歩いてしまうんだよね」とまだ息が落ち着かない状態でした。

 

少し座って・・

そしてやっと話が出来るようになり、

「実は2回倒れたことがあってね」と話し始めまして、

なんと血圧が200以上あるということで。

 

それは倒れるわ!

 

お水を飲んで、

お手洗いに行って、

常に水分を巡回させないとだめですよ・・いいつつ、

でもきっとこの男性は一人暮らしと思う、という状態に見えました。

 

小綺麗にされているのですが、

持っている荷物をみてやっぱり誰の手も借りていない雰囲気がわかります。

 

 

とにかく落ち着くまで一緒に居た方がいいわね、と思いながら座って居ると昔のお話をしてくれました。

 

昔は福井県にいたこと、

大阪に戻ってきて、仕事をして・・

身体を壊して右手が麻痺になり・・

トイレにもやっと行ける状態。

週一回ヘルパーさんが来てくれる。

 

・・・週一回なのね・・・

ご飯、どうしているのかしら?と思ったら

「ご飯は作れないから毎日コンビニ弁当なんだよ」

 

・・・・うううううううううううう・・・

心が痛い。

 

そうよ、そうなのよ。

年を取ると作れなくなるのよ。

買い物に行くのもしんどいのよ。

それと作るのもしんどいのよ。

まして2回の脳溢血、血栓となると麻痺があって普通。

 

 

一人暮らしの切なさを知っているから・・聞いていて心が、胸が痛い・・

 

 

しばらくお話を聞いていると呼吸も戻ってきているので私も安心しました。

 

「家はお近くですか?」と聞き、もし遠かったらそこまで送ってあげようかとおもいまして

「あともう少しでつくんだよ」と言われ、ゆっくり立ち上がり、

「こんな身体になったからしんどい」と言われたので、

「みんな順番になっていくんですよ。いずれ私もそうなります。

だから自分だけと思わないでくださいね。

とにかくお水を飲んで、出して、寝て、飲んで出して・・」とお話しました。

そして

「落ち着いたよ。お水、ありがとう」と言いながら帰って行かれました。

 

うう~~~~~~

心がやっぱり痛い。

家族が居ても

居なくても、

不自由になるってこういうこと。

 

自分のお手洗いに行きたいけれど、

一人暮らしでも

家族が居ても、

しんどいのには変わりない。

家族がいたとしても

助けを呼んで来てくれる家族もいれば、

完全無視される関係の家もある。

 

 

毎日コンビニ弁当は・・可愛そう。

 

お金があればサポートの回数を増やしてもらえるけれど

心の寂しさや身体の苦痛が和らぐわけではない。

 

地域で何かできないかしら?といつも思う。

一人暮らしのおじいさん、おばあさんのお元気訪問とか。

 

医療だけではなくて、

もっと心の方向で。

 

昔は近所の家に

「こんにちは~元気ですか~?」と勝手に入って、

「ご飯食べてる?」

「何か手伝えることないですか?」とかしたけれど

ここは都会で、そして今はそんな時代ではない。

 

そんな時代に生きている自分達はとっても悲しいわ。

 

年を取るって

身体が不自由になるって

こんなに切ないものなの?

 

一生懸命生きてきた背中をみる度に、

「この人自身だってこんなはずじゃなかったのにと思ったはず。自分の人生ってなんだったのか・・ときっと苦しんだと思うわ・・」と深く思うのでした。

 

 

 

老化に気がついた瞬間~白いポロシャツ

清掃のお仕事で今日は直行直帰。

現場の製服を着て移動するのはビミョ〜な色合いなので。自前の白いポロシャツを着て、製服を持って出勤しました。

 

f:id:hanahanakororin:20210618184908j:plain

現場で製服にお着替えしてお仕事。

そしてしっかり仕事をしまして…

 

おかえりの時間。

また元の白いポロシャツに着替えて、ふと鏡を見てびっくり!

 

白いポロシャツと思っていたら

色あせて、疲れた色になっているではありませんか!

ええ!

私、こんなの着て出勤してきたの!?

 

もぉ〜恥ずかしい…

 

自宅では全く気が付かず、

朝の通勤でも気が付かず、

こんな色で…

 

ううう…

白ではない…

疲れている色。

恥ずかしい…

 

今度からベランダで光に当ててから

確認してから街に出かけるわ…

 

それと、他の白物も確認しないと…ね。

「白」がすくむ、黄ばむを忘れてはいけないわ。

 

自分もくすんでいないか、外の光で見なきゃ。

 

 

老化に気がついた瞬間。

コインランドリーに来てまして、ベンチで座っていましたら、後から同世代ぐらいの男性が来られまして、

ここはベンチが一つしかないので、

「お隣どうぞ、座ってください」とおすすめしまして、

隣に男性が座っています。

 

f:id:hanahanakororin:20210615130848j:plain

 

あのですね…

ものすごくきちんとされているのですよ。

ランドリーバッグをきちんと畳んで、その上に洗剤をきちんと並べていましてね、

あら~なんて綺麗に置く人なのかしら、と感心してしまいました。

 

ヘアースタイルも、着ているラフな服も。

サンダルを履いておられるのですがきれいにされてるのですよ。

全部きちんときれいに、へりを合わせてキッカリ畳んでおられるのですよ。

 

f:id:hanahanakororin:20210615130901j:plain

 

私なんて…雑に見えるわ…

疲れたTシャツに、

もう何年の使いまわして、ウエストが少し伸びているジーパン。

疲れてシワになっている花柄のランドリーバッグ。

だらしなく見えるわ…

と、お化粧してきてないのよ(苦笑)

マスクをして透明なサングラスをしてきたので。

その理由は簡単

「近所だからいいわよね」。

 

もう恥ずかしいやら、なんやらで、

洗い上がった洗濯物を早々と取り込んで自宅へまっしぐら。

 

そして帰宅して玄関を開けると

いつもの自宅の風景を見て

「なんてだらしないのかしら」と思いました。

 

あの男性の方がとっても綺麗な身繕いをしていたから、お部屋もとっても綺麗に違いない・・

 

洗濯物を干して、すぐお掃除開始。

もう~~とにかく捨てるわ。紙切れから何から。

 

ホコリも溜まっているし、

 

普段は普通に畳むのですが、

今日はきっちり角を合わせてきっちり綺麗に畳む、

雑巾から何から綺麗に畳む。

 

押し入れやタンスの中のものは綺麗に畳んでいるので、つまり外に出ているテーブルふきんとか、

見えるものを綺麗にたたみ直す。

 

うん、ちょっと落ち着いたわ。

 

そういえばお年寄りのお家って、そのまま置いている人が多かったわね。

 

通称『置きっ放し』

 

この病気にかかると

「これが便利なのよね」と言って使ってはその辺において、そのままにする。

 

そして老化した部屋になる。

 

嫌よ、

それは嫌。

 

自分がもし突然倒れても

小綺麗なお部屋にしておきたい。

 

「このおばあちゃん、綺麗にしていたのね」と言われたいので。

 

 

いや・・気をつけますわ。

とりあえず、ちょっと畳んでそこに置くという老化現象症状に。

 

自宅で転んだだけなのに…

ご近所の70代の奥さんからLINEが来まして、

「自宅で転んで…腰が痛くて病院へ行き、レントゲンで見て、折れてないから自宅療養してるの」と。

キャ〜〜〜〜!それは痛い!


f:id:hanahanakororin:20210615075757j:image

お大事に…と言う会話をしていたのですがそれから数日過ぎて、またLINEが来たので読んで見ると…

「あまりにも痛いので、他の病院へ行ったら、腰椎にヒビが入っていたのよ」と。

 

ええええええ!

ヒビ!

「痛いから最初は近所の病院へ行ったの。でも後から周りに聞いたらやぶ医者ってわかって…私が悪いのよね、そんな所へ行ったから」と書いてあるので、

「自分を責めることは必要ないですよ。診断が間違ってる方が悪いのだから」

 

病院名を聞くと…私も一度行ったことのある、本当に本当の…良くないお医者さん。

 

患者さんの顔を見てない、

聞いてない、

流れ作業の会話。

「大丈夫だよ、このぐらい」の軽く話す先生。

 

一度行けばすぐ「ここはマズイ」の判断が付くタイプの病院。

私は腰椎ではなくて仙腸関節に問題がある人なのに…全く見てない。

(このあと、ほかへ行き、そこでも駄目で整体の先生にめぐりあい今ではすっかり治りました)

 

でもお年寄りにとっては判断もできないし、お医者さんはお医者さん。

それに近所でなければしんどくて行けない。

 

おかしい、と思ったらすぐに病院を変えることですよ。

自分の体が一番大切なのですから。

長く自分とお付き合いできるかどうか次第ですし。

 

一部の良くないお医者さんのための犠牲にならないようにね。

 

ちなみに、最近のびっくりは…

ある場所にとっても大きな建物が新築される看板がついたので見ると…

マンション建設。

あら…と施工主を見てみると…

え?

あ、知ってるお医者さんの名前と、家族さんの名前が。

 

静かで、

穏やかな話し方をさせる先生でして。

とっても小さな、小さな…医院なので、ほんの数人しかいつも患者さんの出入りしか見なくて…

こんな大きな建物を建てられるなんて…

凄いわ…先生の努力のご褒美ね…と思いました。

 

保険料、

治療費…

真面目に働いて体を壊した人達のためにきちんとしたお医者さんだけ診療していて、生きて行くのが優しい日本になって欲しいわ…と願うのでした。

 

 

筋肉から答えをもらう。

日々仕事で鍛えているこの足腰の筋肉。

一日1万歩以上は歩く今の現場。

 

誰でも最初は足が痛い思いをする清掃ですが、慣れてきましてみなさんスタスタと歩きます。

 

70才を超えても問題なく清掃のお仕事はできますよ。

「生存確認のために毎日来てるのよ」と笑えるのがこの年齢層の笑えるところ。

“高齢者の心の余裕”です。

 

毎日、お風呂の中では足や体を揉みながら自分にお疲れ様、と話しかけ、

寝る前はストレッチ。

自分で伸ばせる限界まで伸ばしてます。


f:id:hanahanakororin:20210525103502j:image

 

だた股関節だけは伸ばしすぎないこと。

外れやすい、

必要以上に中に入り込む我が体質。

 

それで股関節を鍛えること。

整骨院の先生に教えてもらったポーズを取って股関節をもとに戻すことをしています。

立ちまして、

足を膝から後ろに曲げて、

足首を持つ。

そして…太腿の真後ろになるように足をお尻につけるようにします。

ゆっくり大腿部を伸ばす…

バランス良く立つ!

 

このポーズを取るようになってから股関節の筋が痛くなることが無くなりました。

 

そして最近特にわかったのが、太腿の筋肉が付いたこと。

ちょっと内ももに力を入れるとオシリが持ち上がります。

それと膝の両端の筋肉が盛り上がりがあること。

太腿もタプタプ感がなくなって来たことです。

確かに2回目に整骨院の先生が話されたように

「水分も充分あるし、弾力があって跳ね返りがいい」。

 

私は仕事中もたくさんお水や白湯を飲んでいます。

貯筋は確実にできているようです。

 

下半身のルーティーンが自然にできてきたら上半身へ。

仕事中にあれこれ体を動かしていますが、同じ方向だけですので意識的に変えています。

 

モップを左で持ったり、

時々違う動作を入れます。

 

仕事中にもストレッチ。

首もあちこちに伸ばしたりしています。

 

そして、お昼休みは一分でもいいので寝る。

 

頭の疲れが取れると体が楽です。

使いすぎているところと使って居ないところを確認して自分の筋肉を育てて行来ますわ!

 

 

 

 

入院しても持って行きたい枕

寝付きが良くない。

ぐっすり眠れない…

 

枕が良くないと思って、

首に沿う、

頭が冷える、

低反発、

高反発、

バスタオルを巻いたり、

高さを変えたり。

 

 

何個買い替えたか…

そしてやっと巡り合ったこの枕。

イタリアの病院で使っているそうなのですが、とっても私には合います。

通販生活」で買ったものですが、

もう軽く10年は過ぎていると思いますわ。

だいぶん前、

「もうお取替えの時期ですお手紙」が来てましたから。

今、すこしヘタってきていますが頭に馴染んでいるのであえて新しいものを購入するのはやめておきます。

 

ちなみに…寝る前に枕カバーにアロマを吹きかけて、お花畑にしてから寝ます。


f:id:hanahanakororin:20210613183804j:image

目覚めたら…あの世のお花畑に到着してたわ〜がベストなんですけどね(苦笑)

 

 

“むぎゅっと”を噛む。

ミスタードーナツでコーヒーを。

おかわり自由なのでお気楽なのとBGMが懐かしいので気分転換になってます。

 

今回は新作の「むぎゅっとドーナツ」を頂きました。


f:id:hanahanakororin:20210612183100j:image

 

むぎゅっとってどんなのかしら?と噛んでみると…

ん、歯ごたえあり!

噛む、

噛む…

噛めても口の中にある。

コーヒーを飲み足しながら噛む。

 

う〜年のせい?

泣ける…

 

噛んで飲み込むのに時間がかかる…

やっぱり…年のせいね…

ドーナツで苦戦するなんて…

ううう…

 

普通〜にオールドファッションにしておけば良かった…

 

ポンデリングのモチモチ感もいずれ飲み込むのに時間がもかかるようになり、

その先には

「飲み込み危険領域」になるかもしれない…

 

今のうちから

「ここまでなら大丈夫」を自覚しておかなければならないわ…と静かに考えるひとときでした。