老後サバイブ〜お迎えが来るまで

シンプルな生き方でコロッとあの世へ逝くのが目標

私はこれで会社を辞めました。

「私はこれでタバコをやめました」~禁煙パイポって覚えています?

昭和の人は覚えていますよね?

(時代的に問題があるのであえてYouTubeは載せませんでした。ご理解をお願いいたします)

 

世の中はいろんなことが起きて“辞める”が起きるのです。

 

 

凄いものですね。

おばちゃんたちの執念って。

歴代、退職していった人たちはみんなおばちゃんたちにいじめられて辞めていく人ばかり、というお話を小耳に挟んでいましたが、

まさか、こういう手で人を追い詰めるものなねの?と思いました。

 

 

私より、数か月前に入職された女性は、

朝の着替えの時からプライバシーを聞かれ、

それに対して意見をいい、

仕事の仕方を上司に告げ口され、

上司はそれを真に受け、彼女を注意していたようです。

 

あまりにもひどいので、

その現場を見たときは先輩に

「それ、今はパワハラですよ」と言うと、

「何が悪いのよ」と言い返されるのですが、

私はいじめる人が大嫌いなので、

コツコツ言い返していました。

当然、次は自分の番ね?と思いながら(大笑)

 

そしてその彼女は出勤しなくなりました。

それに対しても会社側はいじめの対応として扱わず、

出勤してこない方に焦点を当てる始末。

 

残念な会社ね、と思いながら仕事をしていると、

予想通り私をターゲットにいじめを開始してきました。

 

 

まぁ凄いものですよ。

出勤してこなくなった彼女のお仕事は全部私に押し付けてきたのです。

そのことを会社に話すと、

「できるよね?経験があるから」と言う始末。

 

この時からいつ辞めようかしら?という準備が始まりました。

 

人づてに悪口を言われていることも聞きましたが、

おばちゃんたちのロッカーから廊下にまで響く話し声ですべてを聞いている私なので、

あ~また言っているわ、と思う程度。

 

清掃の仕事に就く前にしていた仕事に比べたら

ず~~~っと精神的に楽ちんですもの。

 

井の中の蛙が年を取って変にひねくれてゲコゲコ泣いているのよね、というぐらいな程度の気持ち。

 

 

ある日パートで10年以上働いている男性(70代)の方から声を掛けられ、

「仕事量も凄いし、あなた自身のこともひどい言われ方をされているね」と言われ、

「ズタズタに言われていますね」と笑って返すと、

「実はね、いつもいじめられてみんな辞めていくんだよ。

前に働いていた60代の女性がね、いじめられて、辞めて、少し過ぎたときにね、

ビルの正面玄関の前に汚物がぶつけられていたことがあってね。

その場所は監視カメラが偽物だから映らないし、その日はいじめているリーダーの人が掃除をする日だったんだよ。

もちろんカメラには映っていないから犯人は変わらないけれど・・

よっぽど腹が立ったんだろうね」と教えてくれたのでした。

 

文字通り「く〇!」ですよね。

「もう少しで上司に退職願を出す予定です」と話すと、

「真面目な人間はみんな辞めていく会社だから辞めて正解だよ」。

 

 

会社でぎっしり責任を取り、

チームワークでまとまって一つを成し遂げる仕事ではないので、

「清掃でしょう?」

「清掃だもん」の気持ちで現場を綺麗にしたらいいし、

使用されている方達にたまに

「きれいにしていただいてありがとうございます」と言われたときのあの嬉しさを支えに頑張るのよ、の気持ちで日々過ごしている。

 

 

私が辞めた人の分のすべてお仕事を背負い、

当然、清掃経験が短いとか

いろいろな現場で働いたことがない人では絶対完了しないので、

20代からアルバイトをしてきている自信と、

今までの経験上、上手にこなし、

普通~の顔をして仕事を終える。

 

それがおばちゃんたちにすると、また腹立たしく思うらしく、

「あの量を時間内の終わるわけがない」とまた上司に通報する。

 

上司はそれを私に確認するわけではなく、

周りの人にそのことを言い散らかす。

 

悪循環な会社よね~ここ(笑)

 

 

気が付いた社員さんが私に聞きに来る。

「いじめられているよね?」と。

 

ここで気を付けた方がいいのが、

「そうですよ」と言ってはいけない

 

相当口の堅い人と言える人にしか言ってはいけない

そしてあの70代の男性、一人しかいなかった。

 

だから私は

「そうですか?」ととぼける。

 

 

タイミングを見て、上司に声をかけ、退職願を提出。

上司、びっくり。

「今辞められたら困る」と言った。

 

は?

自分の行いを棚に上げてその言葉ですか?

それなら一人来なくなった女性の分、もっと早く求人を出したらいいのにね。

出しても来ないけれど(苦笑)

 

まぁ当然、

来なくなった彼女と、私が抜けると大量の仕事が残る。

それも土日祝に出勤していた二人。

(大切にしなければならない人だったのにね、残念)

 

今基本的に求人を出しても人が来ない。

まして清掃。

トイレありは難しい。

 

どこの現場も人が来ないので社員さんがてんてこまい。

 

そんなこと、知ったことではない。

私は次の会社へ行くだけ。

だって清掃だもん。

どこでもいいのよ。

会話に楽しい内容の笑いがある場所なら。

 

 

2人募集の求人広告を出す。

来ない、

来ない、

来ない。

 

私の退職の日は近づく。

 

上司は

「来ても仕事を覚えるのにここは一か月かかるから、あと一か月残って欲しい」と言ってきた。

いろいろ私に合わせた条件を提示してきたが、

「はぁ?今ですか?」と声に出さずに心で言い、

そして

「無理です」ときっぱり声を出す。

(あ~笑える)

 

 

そして上司はそれをおばちゃんたちに言ったらしく

「せっかく好条件を提示したのに、断るなんてひどい人ね」と私に言ってきて、揺さぶってきたのですが、

「そうですか~」と言って逃げた。(話すと長くなるので、笑)

 



やっと60代の女性が二人面接。

上司は二人共気に入らないらしい。

その理由が未経験だから。

 

そんなこと言わないでゆっくり育ててあげたらいいのに、と思うのは私だけ?

誰だってみんな最初は未経験なのに。

 

そしておばちゃんたちは上司から面接の内容聞いたらしく、

「未経験なのに」

「仕事覚えられるの?」

「生意気そう」・・

 

もう始まってるわ・・この人達と思うと、辞める決断をしてよかった、と思った。

 

 

入職する2人ともに会いましたが

可哀そうでなんとも言えない。

だって、二人共やる気満々だから。

 

「早く辞めないと大変よ」と心の声が湧いてくる。

 

1人の女性が

「気になることがありまして・・」と言うので聞くと、

「私の採用が決まった後もずっと求人が出ていたのですが、そんなにここは面接に来ないのですか?」と聞かれ、

「そうよ。そしてメンタルが強くないといられない場所よ」と言うわけにもいかず、

「コロナとかあって~感染とか心配で~清掃を敬遠する人が多いから」とごまかした。

 

でもはっきり言いたい。

あなた、いじめられるわよ、

会社は助けてくれないわよ、と。

 

ここに残りたいなら、一人をターゲットにして、

一緒に人の悪口を言える人間になるしかないわよ、と。

 

 

面接のときのポイントがある。

「いじめがありますか?」と聞くわけには行かないので、

面接の人が話している内容と流れをよく聞いていることである。

人に触れないように話している面接内容ならちょっと警戒するべきである。

 

良い職場はすぐ

「ここの職場はみんな・・」

「上司は僕と友達」

「柔軟な対応をしてくれますよ」と人の話をする。

 

私の場合は現場見学をさせて頂いたときに

「あの人はキツイからね」とはっきり教えてくれた時は

この女性なら対応できるわ、と思ったので就職したけれど、

教えてもらえない場合があるので、

必ず現場見学をさせてもらうことである。

と、上司の表情を見ること。

 

私がひっかかってしまったのは、

1人辞めたために、現場が変わってしまったこと。

そこでいじめにあうことになったのでした。

 

二つ目は面接をした上司が退職したこと。

これは会社で一番の痛手と10年務めている男性が言うぐらいでした。

 

新しい上司になり、その上司が一番信頼しているおばちゃんが超いじめの問題児。

しかし上司は女性の裏表がまったく読めない人だったこと。

と、上司が超おしゃべりで我慢できないタイプの人だったこと。

 

まぁ、面接ですべてを見抜ける人はいないので、

少し働いて、

おかしいな、と思ったら辞めることですね。

 

だって、道を歩いていてもビルばかりだから

その建物の一つ一つに清掃員がいるし、

山ほど仕事は溢れている時代だもん。

 

自分の心を痛めてでも働くことではないし、

喜ばれる場所以外に自分を存在させているなんて人生つまんないも~ん。

 

 

ちなみに、すでに次の職場は決まっています(大笑)

“噛む”…多発中

ことの始まりはケンタッキーフライドチキン

写真を撮り忘れた。

 

2回噛んでしまった。

 

宮本むなし」のラーメンで1回。


f:id:hanahanakororin:20240210110127j:image

 

自宅のごはんで2回…

噛みそうになったのが数回。

 

半分ぐらい噛みかけて、

ジャリと言おうか、

グニャリという音に近く、

 

その後、キズの痛みと、

心の痛みが心にグジュッと染みてくる。

 

 

口の中を確認すると、

血豆ができているが流血には至っていない。

 

しかしあまりにも噛み過ぎ…

口に麻痺でも来たのか?

 

血豆のところも痛いが、

心も噛まれてしまっているので、

これが還暦超えの新たなる壁なのか?

 

…凹む。

 

 

自分に一体何が起きている?

ああ、考えても無駄。

 

仕方がないのでゆっくり噛むことにした。

ゆっくり、ゆっくり。

 

ん…食べた気がしない。

ゆっくり食べているとますます老人の流れになっているような気持ちが湧いてくる。

 

しかし…ゆっくり食べると噛まない。

 

対策としてもう一つ。

食べる前に口の筋肉をストレッチしてからにした。

 

…噛まない。

 

しかし、これは人前ではできない。

マスクを着用しているならできる。

 

昨日、鴨せいろを食べた。

当然すぐ口に入れることはせず、

食事を待ちながらストレッチをする。

 

ちなみに大盛り。


f:id:hanahanakororin:20240217081228j:image

 

後ろの席から男性達が話をしている。

どうやらデベロッパーのお仕事をしているらしく、

品が良く、流暢な会話をされている。

各支店営業さんの集まりみたいで部下達の成長をどのように進めているかを話している。

 

聞いていて気持ちがいい。

 

お陰で一度も噛むことはなく、

美味しく鴨せいろを食べることができましたた。

 

おしゃべりしながら食べることってやはり大切ですね。

 

 

独り言が増えるかも(苦笑)

 

 

 

 

チェンソーマン。

数日前、

大阪の繁華街にあるとある道を通ると、

昔、派遣で働いていた建物が取り壊され、平地になっていた。

 

そういえば、ここ建物ってかなり古かったわよね・・

 

話は数年前に遡る。

某会社の支店。

社員さんが10名。

パート、アルバイトさんが十数名。

清掃が私一人。

 

清掃の人が長く務まらない、という不思議なお話から始まった紹介だった。

 

その理由がわかったのは働き始めて数日のことだった。

皆さん穏やかで物腰が柔らかい人達だったが、

社員さんの一人だけ強烈に“妙”な雰囲気を持っていた男性がいた。

難しい顔しながら笑う…

笑いながら怒る…

大きな独り言を言う。

 

うう…

危ない…

 

支店長さえその男性と話す時は腫れ物に触るように話をしていた。

当然私はその男性と接触しないように清掃をしていた。

 

逃げ回るしかない、

本当にキケンな空気・・・

 

ある日、会社の男子ロッカー室を掃除していると

あれ?

家庭用のチェンソーと書いてある長方形のダンボール箱があった。

ん?

新品だわ、これ。

 

え?

家庭用チェンソー???

何故ここに?

あ!

まさか…

この建物の周りはそれなりにたくさんの人が行き来をしていたので、タバコの吸い殻が落ちているので1日2回は外周の掃除をしていた。

 

そして小さな庭があり、

歴史を物語る木々がある。

その葉っぱが道路に散る。

 

かなり伸びていた木が2本あり、

柵を超えていたので、

これ、切らなきゃ、通行人に枝が落ちるかもと思っていた。

でも当然私からは言えない。

 

清掃おばちゃんが…そんなこと、

言えるわけがない。

 

 

晴れたある日のお昼すぎ、

庭からチェンソーの音がする。

見るとあの“妙”な男性社員が

会社の庭木をチェンソーで切っている。

 

笑いながら切っている。

 

枝はもちろん、道路側の緑はほとんど切られ、

無残な切り口がたくさんできている。

 

こ、怖い…

 

支店長が建物の中の影からその姿を見ている。

 

もちろん、他の社員もその姿をチラッと見て、逃げるように事務所へ戻る。

 

誰も止められない…

怖い…

 

ああ、

私、きっとあの切った枝やら葉っぱの掃除で呼ばれるわ…と思いながら、

他のフロアーに逃げると、やっぱり携帯に電話がかかってきた。

あの“妙”な男性から、

「外の枝やゴミ、捨てて」

 

やっぱり命令形。

 

仕方がないので覚悟を決めて、ビニール袋を数枚持ち、外に行くと、

あの“妙”な彼が笑いながら、チェンソーの歯を見ている。

 

怖いとしか言いようがない。

 

とりあえず周りは人がたくさん歩いている。

襲っては来ないだろうと思い、彼のそばで枝を集め、

小さく折ってゴミ袋へ入れた。

4~5袋になった。

怖い、怖い…

心の中で何度もつぶやく。

 

ササッとまとめてごみ置き場へ。

 

そこへ支店長と社員さん数人が来た。

「怖かったでしょう?」

「はい…」

「誰の許可も無く、もちろんビル所有者の許可もなく切り始めたんだよ」と支店長。

ええ!!!

 

チェンソーは自前でネットで買って持ってきたそうで…

 

怖っ…

 

近づいてはいけない人がいる……と深く思った。

 

その後もちろん派遣の契約更新はしなかった。

 

 

30代の女性に勧められた人気マンガで

チェンソーマン」というアニメがある。

 

※ 血が苦手は人は見ないで下さいね。

 


アニメ『チェンソーマン』公式サイト

 

とってもダークな世界なので、好き、嫌いが別れると思うけれど、

私はほんの1話を見てその先を見るのを辞めてしまった。

 

…ちょっとキツイ。

 

 

 

ちょっと歴史がある雰囲気が残っていた建物でしたが、

壊されるという理由で皆さん異動されたのね、

なんか・・良かったね、と思ったワタシでした。

 

いよいよ先生も。

カイロプラクティックに行きました。

腰痛をすっかり治してくださった先生ですので腕はとてもいいです。

 

名前を呼ばれて診察室へ。

 

こんにちは〜と言った後に先生の顔をふっと見ると、

え!

え!

ど、どうしたんですか?

 

先生の◯側の顔面に5センチ✕4センチぐらいの肌色の大きな絆創膏が貼ってあり、その下側には紫になっている皮膚が見える。

 

眼に近い…

 

「先生…皆さんに聞かれたと思いますが…どうしたんですか!」と聞くと、

「覚えていないんだよ。気がついたら部屋で倒れていて、そのまままた気を失って、朝目覚めたら布団の上が血だらけになっていて…多分、夜中起きて、布団の端でつまづいて柱にぶつけたと思う」

「ええ!」

「3センチぐらい切れてたよ。凄い出血で」

 

聞くと、病院には行かず様子を見ていたが、あまりにも痛いので、脳外科へ行き、問題がなく、

先生から皮膚科へ行くように言われたということで…

「え?その話おかしいですよ。皮膚科ではなくて形成外科ですよ。どこの(ヤブ)脳外科へ行ったんですか」と言うと、

「皮膚科へ行ったら形成外科へ行くように言われたよ」

 

やっぱり…

 

◯側のまぶたが動かないらしい…

 

怖っ…

 

そしてやっぱり…昭和の男性なので…

「形成外科へはまだ行ってないんだよ」

 

え?

どうして…

 



奥さんは何も言わないらしい…

 

ああ…夫婦って…こうなるのと悲しくなる。

 

夜中に転ぶ人は多い。

ですから私は今の引っ越しの時からベッドに変え、

立ち上がりやすい高さに調整するためにマットレスを調整した。

立ち上がる時は必ずバランスを持つために掴まるところを作り、

夜中はスリッパは履かないことにして、

もちろんすべらない靴下を履いて寝ている。

 

先生のことを聞いてから、

ベッドの反対側に椅子を置くことにした。

反対側にバランスを持っていかれても、ここなら椅子にすぐ掴まれるし、

よろけた時に座れる場所のためのものにした。

 

 

バランス…

夜中なんてほぼないでしょ?

壁沿いを歩くようにしています。

暗いところを歩くときのシュミレーションは何度もしています。

 

つまり昼間に目をつぶって歩いてみて、

あちこち触りながら記憶を作ることです。

 

それと、足元のどこにあれこれの電気製品の電源ライトをがあるかを確認。

 

足をぶつけて骨を折るとか・・

嫌ぁ~ヤメテ!!と叫びたいですわ。

 

 

・・たぶん、先生は

まだ病院に行っていないでしょうね。

昭和の感覚を早く変えてくれたらいいのに、と思います。

年齢を受け入れて欲しいわ・・

71歳の先輩と再会

2年前の職場で、一緒に働いていた71歳の先輩から

「久しぶりに会わない?」とLINEが来ました。

 

ひゃぁ〜久しぶり!

もちろん即お返事。

 

数日後、お互いのお仕事を終えて待ち合わせ。

そして…先輩を見つけ…

あらぁ〜変わってないわ!と思いつつ、

ちょっと小さくなってるわ、と心の中で思いました。

「忘れっぽくなって来て老化が進んでるのよ」と先輩は笑っています。

オススメの栄養はこれなんですけど…

エルゴチオネインです。


f:id:hanahanakororin:20240131191644j:image

 

一緒にご飯を食べながら、

昔話に花を咲かせ、と言っても

「〇〇さん、覚えている?」と言うお話しになります。

 

やはり人生変わりますね。

病気や怪我で働けなくなるのがほとんど。

 

え!あの人が?

集中治療室にいるという話もあり、びっくり!

 

先輩が現在の職場の状況を話すのを聞いていると

今、私の職場で起きていることと一緒ではないですか…

元々の人手不足と、

突然休み人たちのしわ寄せ。

 

もっと詳しいことを書きたいわ…

…っていずれ書くけど(笑)

退職したら絶対書くけど(大笑)

 

そして先輩の溜まりに溜まったお話しをずっと「お話し聞き屋さんモード」で聞くこと2時間。

 

前にお世話になったお礼として。

もちろん先輩は私のお仕事は知らない。

 

 

あ〜あ、

どうして真面目な人は損をするのかしら。

世の中のシステムは永遠に変わらないのよね、残念。

バッタバタ

仕事も私生活もバッタバタ。

とにかく自分以外の問題で振り回されている状態。

 

ネットなので詳しいことは書けないけれど、

仕事が強烈。

退職をしたら書きますわ。

 

友達に話すと

「辞め」と一言。

そのぐらい大変な状況。

 

影響で仕事中の心拍数が上がり、

当然血圧が上がってきた。

 

薬は飲みたくない。

薬を飲むことが解決方法ではなくて、

仕事を変えることが一番正しい解決方法と私は思っている。

 

お給料は上がらないのに、なぜ仕事量の莫大な増加で自分が病気になって、受診料、薬代の支払いをしなければならない?

 

というか、お給料が上がっても健康の方が大切だわ。

 

 

・・というわけで、

ここしばらくブログを書けなかったのがその理由。

 

 

年のせいではない。

仕事のせいよ(苦笑)

 

 

だから私は

状況を“自分で”変えるだけ、と思っています。

 

 

楽しいこと書きたいわ~

いろいろな人との出会いでまた刺激を受けて、

人生を楽しみたいわ。

 

 

ああ、今回のブログも

なんのオチも笑いが無くてごめんなさいね。

 

 

腕が鈍った。

しまむらで厚地でお安いワイドパンツ購入。

ショートブーツやヒールのある靴などに合いそうなので。

 

試着の時点では足の長さはピッタリなのに、

帰宅してから履いてみると何故か3センチぐらい長い。

エストをひとめぐりして履くとちょうどいいと思い

休日に自力で丈詰めをすることを決意する。

今まではお店に頼んでいたけれど、

冬物厚地でストレートのシルエットなので簡単ですし、

自力でやると丈詰め代金が浮き、そのお金で星乃珈琲店のホットケーキが食べられそう。


f:id:hanahanakororin:20240118164921j:image

 

子供の時から裁縫は大好きで、

ミシンを使いこなし、

スカート、

ワンピース、

ブラウス、

パンツ、

ネクタイ、

パジャマ、

着物から、浴衣、

綿入れ丹前など作った経験がある。

 

しかし社会人になり、

手仕事に時間をかけられなくなり、

買った方が安く、

タグに made in China

と、ほとんど書いてある時代になった。

 

 

朝から裁縫道具、アイロン台を押入れから出し、

え〜と何年前ぶり?

丈詰めをするなんて、と考え、

前に何をしたかも全く覚えていないことに気がついた。

 

針山の針を見てびっくり!

錆びてるわ…。

ケースに入っていた未使用針だけが無事。

百均で買い替えなきゃ…

 

裾に印をつけて、

裁ちばさみでカットして…

ん?

なんか変。

あ!

私、間違ったところを切ってしまった!

 

凹む…

こんなミス、したこと無いのに…

年か…

なんとかギリギリの長さで裾上げしないと。

 

そして、いよいよ年齢を問われる作業、

針に糸を通す。

 

はい、

見事に通りません。

距離感がおかしいことを実感。

ちなみに…拡大鏡を使ってますが、

通りません。

 

うう…

私、年を取ったわ。

なんとか時間をかけてやっと通す。

そして久しぶりの運針。

 

ひえ…バラバラ…

これは酷い。

 

冬物だから厚地なので見えづらいけれど、

これは酷い。

 

完全に腕が鈍ってる。

裾上げにこんなに時間がかかるなんて…

酷いわ。

ああ…年を実感。

 

手芸が趣味だったあの若い頃は遠い昔だったわ…しみじみ…

 

チクチク縫いながら、

趣味は趣味…として復活させようかしら?と思いつつ、

時間が経つにつれて、

 

腰が痛い…(泣)。

背中が張る…(泣)。

 

 

やっと出来上がり、

試着をして、

なんとか希望の丈にはごまかせるぐらいに完成しました。

そして次に起こしたアクションは…

 

ベッドに飛び込む。

腰が…

ああ…腰が…

 

 

裁縫が趣味です、とは言えなくなりました(大泣)